第52回熊本県精神保健福祉士協会 定例研修会 【終了しました】

「親子メンタルヘルス研修 家族支援と機関協働」
~課題を抱える家族のケースから考える~
【日 時】  平成29年10月7日(土) 14:00~17:00(受 付 13:30~)
【場 所】  国立病院機構熊本医療センター2階 地域医療研修センター研修ホール
熊本市中央区二の丸1-5
【内 容】  1 講話 「家族支援と機関協働~スクールソーシャルワーカーからの発信~」
講師 高口 恵美 氏
《講師プロフィール》
資格:精神保健福祉士 ・ 社会福祉士 ・ 介護支援専門員
職歴:精神科病院  精神科ソーシャルワーカーとして勤務
高齢者・障害者 在宅支援センター  管理者として勤務
筑後市・香春町 スクールソーシャルワーカーとして勤務
現職:大牟田市・八女市  スクールソーシャルワーカー
南筑後教育事務所 スクールソーシャルワーカー スーパーバイザー
共著:学校ソーシャルワーク演習(ミネルヴァ書房 2010年)
スクールソーシャルワーカー実践事例集(中法法規 2014年)
2 グループワーク
【参加費】  熊本県精神保健福祉士協会会員     無 料
(公益社団法人日本精神保健福祉士協会会員であることが必要です。)
非 会 員  1,000円    学 生  500円
 
※   会場の駐車場をご利用の際は、無料処理をいたしますので、駐車券を会場までご持参ください。
【申し込み方法】 詳細(第52回定例研修会案内)をご覧になり下記フォームもしくはFAX(別紙)にてお申込み下さい。

締め切り 平成29年929日(金)

お問い合わせは、向陽台病院 岩井まで(電話 096-272-7211)

ホームページが開設しました

熊本県精神保健福祉士協会のホームページが開設しました。

今年は、日本精神保健福祉士協会の熊本大会の年になります。参加者を約1000人と見込んでいますが、当協会でこのような大規模な大会を運営するのは初めての経験であり、大きな節目の年となります。当協会の会員数もここ数年で急増し、組織の強化や情報の共有が課題となってきています。そこで、理事会ではホームページの開設をめざし、準備を進めてきました。

今年は、全国大会の情報を中心に発信していきます!初めての試みのため、しばらくは試行錯誤の状況が続くと思いますが、できるだけ、充実した内容を掲載できるよう頑張っていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

全国大会の準備を進めています。協会員の皆さまのご協力をお願いします  【おかげさまで無事に終了しました】

大会テーマ
想いをつなごうくまもと大会 再生・創生・深化
~精神保健福祉士の原点と専門性の共有を求めて~

運営委員 30名(H24.1現在)
大会長 今野えり子
運営委員長 多賀浩一
事務局長 坂本亮子(総務部長兼任)
事務局次長 木ノ下高雄(運営部長兼任)
渉外部長 小嶋清志
広報部長 岩井佑美
分科会部長 茶屋道拓哉
プレ企画部長 城戸美智代
ボランティア部長 岩永靖
懇親会部長 中野誠也

全国大会について詳しくはこちらをご覧ください。

第48回 社団法人日本精神保健福祉士協会 全国大会 第11回 日本精神保健福祉士学会 学術集会 【終了しました。ありがとうございました!】

日程 : 2012年6月21日(木)~6月23日(土)
会場
: 熊本県立劇場(熊本市大江2丁目7番1号)


東日本大震災の影響で、来年予定していた福島での全国大会が開催できなくなるというとても悲しい出来事が起こりました。
平成23年4月中旬に社団法人日本精神保健福祉士協会竹中会長より、熊本での全国大会の開催を打診されました。時間の限られた中、社団法人日本精神保健福祉士協会熊本県支部ならびに熊本県精神保健福祉士協会の理事会で検討し、関係団体にも相談するとともに、会員にも周知した上で、開催することを決めました。
このような時期に精神保健福祉士として、当事者、家族そして支援をする側のひとり一人の想いを大切にする事が求められているのではないかと考え、「想いをつなごう」という文言を入れました。
熊本で皆様、ひとり一人の想いをつなげる大会をともに作っていきたいと思います。
ご協力よろしくお願いします。くまもとでお待ちしております。


ご案内ちらし
(画像をクリックで拡大表示します)